リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017に参加

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017の11会場に、全国のタケダの関係者313名が参加しました!

リレー・フォー・ライフ(以下、RFL)はがん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動です。会場ではチームの仲間がリレー形式で、24時間歩き続け、勇気を持って今を生きるがん患者さんやがん経験者(サバイバー)を応援しています。

RFLジャパン2017は全国49会場で開催され、なかでも日本最大規模のRFLジャパン東京上野(東京・上野恩賜公園)には大変多くの来場者が訪れ、がん克服に向けての希望、エネルギー、前向きな気持ちを共有するとともに、啓発ブースではがんが人生にどのような影響を与えたのかなどのトークセッションも行われました。

タケダからは全国11会場で、従業員有志で結成した「チームタケダ」が参加(下図参照)。

  日程参加者数周回数
東京御茶ノ水 3/25~3/26 50 101
和歌山 5/13~5/14 33 200
大阪あさひ 5/27~5/28 33 300
神戸 6/1~6/2 23 236
室蘭 8/26~8/27 16 110
新潟 8/26~8/27 28 130
福岡 9/9~9/10 9 22
松本 9/9~9/10 6 31
栃木 9/16~9/17 28 50
東京上野 9/30~10/1 73 213
沖縄 11/11~11/12 14 100
  合計 313 1,493

多くの従業員が、がん患者さんをサポートしている全国のリレー・フォー・ライフに参加。想いをひとつにしてチームフラッグをつなぎ、全国で約1,500周ものリレーウォークをすることができました。

当社は昨年度より、チームタケダ参加会場でのチームフラッグ周回数の合計数に100円を乗じた金額を日本対がん協会に寄付しており、今年は149,300円(1,493周)を寄付しています。